園長挨拶

私は、平成20年4月より園長に就任いたしました。上野毛幼稚園は、昭和17年に創立いたしま して、私の母伊東サヤ(初代園長)が園長を勤めておりました。

母が子どもの頃、父親が、司法省(現法務省)の役人で、少年院に入ってくる子ども達を見て、幼児教育がいかに重要であるかを常々聞かされていたそうです。

そこで、自ら幼稚園の先生になろうと決心し、自分なりの教育観を持ち、どうしても自分の幼稚園を 創立したいという一心で伊東祐政(初代理事長)と共に実現し、現在に至っております。

母の教育観とは、お子さんは生まれた時は、皆同じ乳児であって、その後の育つ環境によって、お子さんの人格が形成されていきます。幼稚園はご両親から大切に育てられたお子さんが初めて経験する 社会です。ご両親を始め、周りの人(教師・お友達等)の影響を受け、模倣し色々なことを吸収し、 学習しながら成長していきます。お子さんにとっての幼稚園は、環境を整え、温かく、快い雰囲気の中で良い感化を与え一人一人の個性を伸ばし、自らの生きる力、成長する力を育んでいくことが、私ども教職員の目標であります。

私も母(初代園長伊東サヤ)の精神を受け継ぎ、同じ信念で幼児教育に精進して参りたいと思って おります。

学校法人 伊東学園
上 野 毛 幼 稚 園
園長 伊東 弘恵

園 歌

作詞 細川 武子先生
作曲 石尾恵美子先生

1.

お日は照る照る 丘の上
明るい光に 照らされて
元気なよい子に なりましょう
ぼくらの 上野毛幼稚園

2. 

風はさやさや 庭のうち
きれいなお花に かこまれて
正しいよい子に なりましょう
わたしの 上野毛幼稚園

3.

いつもにこにこ お友達
たがいに仲良く 助け合い
手を取り合って まいりましょう
みんなの 上野毛幼稚園